媒介契約の種類によって異なる仲介業者の戦略

個人取引は難しい不動産売買
不動産は、最も個人売買が難しいジャンルと言っても過言ではありません。車も名義変更などが必要ですので、難しいといえば難しいですが、不動産ほどではありません。友人同士で譲る、ということもあるでしょう。しかし、不動産は金額が大きいだけに、個人売買はトラブルになる危険があります。適正価格で取引しなければ、贈与税が発生する可能性もあります。

その前に車を手放す場合にはこちらの廃車の手続きを確認しておきましょう。あなたの知らない方法が出てくると思いますよ。

廃車をすることだけにとらわれない方が良いでしょう。

誰だって少しでも手元に残るお金が多いほうが嬉しいですから、個人売買をしたい気持ちは分かります。実際、インターネットオークションで売買されている不動産もないわけではありません。仲介業者を挟むと決して少なくない手数料が発生しますので、成功すれば個人売買は買主、売主両方が得をする方法です。

しかし、不動産売却には一定のルールがあります。抵当権の抹消や名義変更、境界線の問題、瑕疵担保責任など、数え上げればキリがありません。これらの問題は、取引をした後から出てくることが多いので厄介です。売却したい不動産があったら、まずは仲介する不動産会社を探すのが先決です。

知っておきたい媒介契約の種類

不動産会社を選ぶ前に、知っておきたいのが媒介契約の種類です。どの媒介契約を結ぶかによって、選ぶべき不動産会社も変わってきますので、特徴をよく理解しておきましょう。媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

専属専任媒介契約とは、1社のみと契約を結び、その1社が見つけた買主としか売買契約ができない契約です。契約期間は3ヶ月で、仲介会社には週に1度以上の売主への活動報告や、5日以内のレインズ登録などが義務付けられています。3ヶ月以内に買主を見つけなければ、自動的に契約が解除されるため、一生懸命買主を見つけるために動いてくれる、というメリットがあります。早急に不動産売却を希望している人は、この方法が最も適しているでしょう。

専任媒介契約は、専属専任媒介契約と似ていますが、唯一売主自身が買主を見つけた場合には、仲介会社を通さずに売買契約を結ぶことができます。売主に対して2週間に1度以上の活動報告、7日以内のレインズ登録が義務付けられています。売主に買い手の心当たりがまったくない場合は、あまり選択するメリットはありません。専属専任媒介契約のほうが良いでしょう。

知り合いなどに心当たりがある場合には選択しても良いでしょう。同じく契約の有効期限は3ヶ月です。

一般媒介契約は、複数の仲介会社と媒介契約を結べる方法です。複数の会社が同時進行で買い手を探してくれるため、広く買い手を探せるメリットがあります。しかし、不動産会社にしてみれば、一生懸命買い手を探しても契約に結びつくかどうか不透明なため、後回しにされやすいというデメリットがあります。レインズへの登録義務や売主への活動報告義務はなく、契約期間もありません。立地などから見て売りやすい物件で、少しでも高く売りたい場合や、売却を急いでいない場合に選択すると良いでしょう。

媒介契約を結ぶ不動産会社の選び方

媒介契約の種類と特徴が分かったところで、次はいよいよ不動産会社選びです。専属専任もしくは専任を選択する場合は、中小の不動産会社でも真剣に動いてくれるでしょう。しかし、一般媒介を選択する場合はネットワークが狭い中小の会社では、後回しにされる可能性が高くなります。中小の不動産会社は、確実に手数料が手に入る専任契約を優先することは間違いないでしょう。

大手の不動産会社であれば、全国に独自のネットワークを有していることが多く、さまざまな購入希望者の情報を持っています。その中から買い手を見つけてくれる可能性は高いでしょう。他社が力を入れない一般媒介の案件こそ、自社のネットワークを生かして契約を取ろうとする可能性はあります。レインズに登録する専任媒介契約では、大手、中小の違いはほとんどありません。どんな販売活動をする予定なのかを聞いて、誠意を感じる会社を選ぶと良いでしょう。

どの会社を選ぶにしても、まずは売りたい不動産の売り出し価格を決めるため、相場を知る必要があります。複数の不動産会社に査定をしてもらうと良いでしょう。専任媒介契約を取りたいがために、高めの査定を出してくる業者もありますので、査定額だけで決めるのは良くありません。納得できる査定額の根拠を、資料などで示してくれる業者が信頼できると言って良いでしょう。

まとめ

不動産売却は、適した媒介契約を選ぶことが大切だということがお分かりいただけたことと思います。買い替えなどで、どうしても早期に売却したい、という場合は、専属専任媒介契約を選ぶのが一番です。金額的には多少の妥協を強いられるかもしれませんが、早期の契約成立を目指すことを優先するなら、それも仕方がないところです。

しかし、都心にある築浅のマンションのように、充分な需要が見込まれる物件の場合は、一般媒介契約で業者同士を競わせたほうが、高く売れる可能性が高まります。専任媒介契約にすると、業者は3ヶ月以内に売買契約を成立させることを最優先にしますので、高く売る、という点には消極的になるでしょう。

大人になってから観る懐かしのアニメDVDが面白い

最近、家事の合間にアニメのDVDを観ることにはまっています。

ひとつのアニメにこだわっているのではなく、子供の頃に好きだったものや名前だけ知っていて観ていなかった懐かしのアニメを楽しむのです。

それは子供の頃のアニメの楽しみ方とは全然違っていて、大人ならではの楽しみともいえると思います。

解説の雑誌にDVDがついてくるタイプのアニメDVDではクレヨンしんちゃんやドラえもんを購入しました。

子供の頃にみていたアニメの解説をみて「そうだったのー!」と驚く情報がいっぱいで、その雑誌情報を頭に入れた後で観るDVDは格別にわくわくします。

連続して購入していくと、各アニメのテーマにそった話が集まるので子供の頃にテレビ放送で色々な話がちりばめられていた時の感想とはまたちがった感じを受けたりします。

ご長寿のアニメでは声優さんも途中で交代しているものが多いので、前の声と今の声を比べながらみることもできます。

交代した当初は新しい声に違和感を抱いていたのに、こうして時間がたってから昔の声をきいてみるとあら不思議。今の声に慣れてしまっていた私は昔の声に違和感を感じていました。

そうして結局どちらもそれぞれ味がありいいものだと思えてよかったなと穏やかな気持ちで楽しんでいます。

他にも近くの図書館でもアニメDVDが豊富なのでそちらで借りることが多くなりました。

子供の頃に名前は知っていたけど観ていなかったアニメを借りて観てみると、どうして流行っていたのか今になってよくわかりました。
自分はなぜこんなに面白いものを観ずにいたのかと子供の頃の自分につっこみたくなります。
そしてDVDを観ながら、その時間を取り戻せたようなとっても得した気分になれるのでした。
お金をだして借りようとはしなかったアニメDVDと出会えるのが図書館の良さです。
一日の中にアニメ鑑賞の時間ができたことで、他のことも効率よく頑張ろうと思えるくらいDVDのアニメは魅力的です。